私にとって生徒からの質問は「食事」と同じことです。

最後の生徒の授業が終わったのが、21時40分ごろ。いつもより少し延長。

その子と英検のお話。リスニングのアドバイスなどなど。

1時間程度話して、その子は帰宅。

よし仕事にとりかかろう!とした瞬間。この間大学1年生になった元生徒が来訪。

「英語のエッセイ教えて〜」

と同時に、Lineがピロリン♪

別の元生徒から化学の質問メール。う〜むずい(-_-;)

数分後、別の生徒からまたまたLine。今度は英作文の質問。

嘘でしょ!?ってくらいほぼ同時に3つの質問!!

すべて終わったのが1時すぎ。

帰宅後、テーブルの上に1枚の手紙が。。。

どうやら息子からの手紙。

また、英語の質問!!

1度にこんなにも質問が来るとは・・・

さすがにこれは大変・・・と思いつつも、
頼りにされていることに喜びを隠せない自分(;´∀`)

いいんですよ。

だって

君たちからの質問は、私にとって「食事」と同じこと。

生きていくために欠かせない大切なものなんですから。

下のボタンを押して頂くと、塾長のモチベーションが6上がります(;´∀`)

 ▼  ▼  ▼  ▼ 










コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

福島県生まれ群馬県育ち。
勉強することが大好きという変わった趣味の持ち主。