勉強ができる子には共通点があるはず。実際にアンケートをとってみた結果・・・




勉強ができる子にはきっと共通点があるはず!!

それがわかれば、成績を上げるためのなにかヒントになるのではないだろうか。。。

そう思って、学年順位1ケタの子たちにアンケートを実施しました。

「1ケタ」ってなかなか、いや、かなりすごいですよね。

そんなに簡単にとれるものではないはずです。

だから、対象者を探すのも大変でした(;´∀`)

現役のうちの生徒はもちろんのこと、卒業生にも声をかけて協力してもらいましたから。。。

最高の学年順位、テスト前の勉強時間、ワークを解いた回数などなど、気になる内容を中心にきいて。

そして完成したのがこちらです!

自習室の窓ガラスに1部、講師室の壁にも1部、掲示してあります。

今回アンケートを実施してみて、いや、する前からある程度の予想はついていましたが、
やはり成績がいい子は、勉強量が全然違いますね。

ワークを解いている回数も、2、3周なんて当たり前。

なかには8周!なんて子もいました。

当の本人は、これでも多いとは思っていないようですが(・・;)

そういえば、昔ベネッセさんが調査したデータにもありましたね。

勉強時間と成績の関係性を表したものが。

成績が上位の子ほど、勉強時間が長いという結果が出ていたのを覚えています。

とくかく、入り口すぐの目立つところに貼ってあるので、うちの塾生にはみてもらいたいです。

そして、ぜひ実践を!

追記

今回の記事を書くにあたり、協力してくれた生徒のみなさん、
それから、アンケートを作るのに参考にさせていただいた(ほぼ真似ですけど)さくら個別さん
本当にありがとうございました。

下のボタンを押して頂くと、塾長のモチベーションが6上がります(;´∀`)

 ▼  ▼  ▼  ▼ 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です