英語は得意なはずなのに、なぜ高校にはいったらできなくなるのか。




中学時代英語は得意でした。

定期テストも常に高得点。

模試の偏差値も60代後半はありました。

そんな子でも

高校にはいって、英語が急にできなくなる。

こんな現象が起きることがあります。

よく生徒からも相談を受けます。

決して、レアなケースではないんですよね。

理由は簡単で

得意、高得点、高偏差値だからといって

英語ができるというわけではないからです。

中学英語は

覚えるべきところを覚えれば

ある程度の点数を取ることは可能です。

事実、中学時代英語ができた生徒に聞くと

文法や単語を暗記してたから〜

という答えが返ってきます。

ただ高校英語はそういうわけにはいかないんですよね。。。

中学時代と同じようにやってはできるようにはなりません。

概念、品詞、文型などなど

ただ暗記するだけでなく、これからをしっかり理解し、

問題を解く際に活用していくことが大事です。

英文法ができるようにならない原因はこれではないだろうか。

2018年4月5日

下のボタンを押して頂くと、塾長のモチベーションが6上がります(;´∀`)

 ▼  ▼  ▼  ▼ 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です