中学生で「仮定法」「原形不定詞」を習うことになる。




「仮定法」「原形不定詞」といえば高校英語で初めて習う単元ですが、2021年からはこれらを中学英語として習うことになるようです。

いわゆる新指導要領改定ですね。

それ以外にも単語数が大幅に増えます。

現行で約1200。

21年からは小学校で習う600語程度に加え、1600から1800程度とされていますので合計で2200〜2400。

今より1000近く単語が増える計算ですね(;´∀`)

ん〜だいぶきつい。。。

もちろん改定は英語に限ったことではなく、他教科もいろいろと変更点があります。

今以上に大変になることは間違いなさそうです。。。

下のボタンを押して頂くと、塾長のモチベーションが6上がります(;´∀`)

 ▼  ▼  ▼  ▼ 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です