塾長、高校入試の面接で失敗をする(´-﹏-`;)




今度はちゃんと書きますね。

私の面接失敗談。

 

高校受験の面接でのことです。

どの高校を受けるにも絶対

 

「志望動機」

 

は聞かれるじゃないですか。

でですね。

丸暗記をしていったんですよ。

たしか原稿用紙1枚くらいだったかな。。。

もうこれでもか!!

ってくらい練習して完璧に覚えて。

当日も

高校に向かう車の中で

何度も何度も練習しました。

 

 

「志望理由を教えて下さい」

 

 

ほらきた!

「練習の成果をここで出したるわい!」

 

頭の中に原稿用紙を出して

1行目から読み始める。

3行目まで読み終わったくらいの時ですかね

「うちは英語科ではなく、英語コースですよ」

面接官に急にそう言われたんです。

正式名称の間違えを

指摘されたんですね。

最悪ですよ。

このタイミングでの訂正。

「では続きをどうぞ」

なんて言われても、もう無理でしょ。

だって

4行目から読む練習なんて

していないんですから(;´Д`)

しかも今更

「英語科」を「英語コース」に

直すなんて・・・

結局また1行目から読む羽目に・・・

あとのことはよく

覚えていません。。。

 

やっぱりダメですね。

丸暗記は。

想定外のことが起こると

頭の中が真っ白になる。

パニックになる。

 

そのほかにも

① 棒読みになりがち

頭の中で原稿を読んでいるので

どうしても感情がはいらないんですよね。

② 想定外の質問に対する回答との差が目立つ

志望理由はスラスラと

想定外の質問はたどたどしい

即バレます(;・∀・)

③ ついつい斜め上を見てしまう

思い出す時に、

人間が無意識にしてしまう仕草ですね。

本当は面接官の目を

見ないといけないのに。。。

 

まぁこんな感じで

デメリットは結構あるわけです。

丸暗記ではなく

いいたいことを箇条書きでもいいので

書いておいて

あとは現場で組み立てて話す。

それくらいがちょうどいいような

気がしますね。

 

下のボタンを押して頂くと、塾長のモチベーションが6上がります(;´∀`)

 ▼  ▼  ▼  ▼ 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です