お問い合わせでよく頂く質問にまとめて回答してみる。(小学生編)

授業時間

基本的には80分授業ですが、「そんなに集中力もつかしら・・・」という声に答えて半分の40分コースも設けいています。

  • 週1回通塾で80分授業
  • 週1回通塾で40分授業
  • 週2回通塾で40分授業

など組み合わせも自由です。

週2回で、国語40分、算数40分の組み合わせが一番多いかもしれません。

指導教科

80分授業の場合、国語40分算数40分のケースが多いです。

稀に1教科で80分を希望される方もいらっしゃいますが、なかなか集中が続かないことも多く半分半分でやるほうがおすすめです。

高学年になってからですが、国語の代わりに英語40分という選択も可能です。

授業時間帯

ふじみ野教室のメイン時間帯は

  • 5時コマ
  • 6時半コマ
  • 8時コマ

この3つです。

なかでも小学生に人気が高いのはダントツで「5時コマ(5時開始)」ですね。

そのため5時枠は割と埋まりやすいです(;´∀`)

授業内容

  • 算数(2019年)

学校の教科書に準拠した教材を使っています。

一部難しい問題もありますが、基本的には標準レベルの教材です。

学校での授業の流れに沿って、復習中心にやることも、予習をすることも可能です。

速い子だと、今までで1年先の内容をやっている子もいました(;´∀`)

授業で使うメイン教材に加えて、宿題用の薄いドリルもセットでお渡ししています。

こちらはだいぶ易しめの教材です。

  • 国語(2019年)

算数と違って国語は学校準拠を使っていません。

学校でやった内容だと、話を覚えているといった理由で、記憶で解いてしまう子が多かったからです(;・∀・)

完全に初見の文章を解いていく教材です。

ただ、「いきなり読解!!」ではなく、主語は?述語は?修飾語は?など、まずは1文の中でしっかりと文法を学んだ上で、読解問題に入っていく構成になっています。

なかなかやりごたえのある教材だと思います。

課題

授業の宿題とは別に、毎日やってもらうための課題を渡しています。

国語は「漢字ドリル」です。

口ではなかなか説明しにくいですが、単なる漢字ドリルではなく、「頭がよくなる漢字ドリル」です(;・∀・)

一言では伝えにくいもので・・・

算数は「算数ドリル」です。

計算だけでなく、図形もはいっているドリルです。

前学年の復習→現学年の内容→まとめ

という構成になっています。

下のボタンを押して頂くと、塾長のモチベーションが6上がります(;´∀`)

 ▼  ▼  ▼  ▼ 










コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

福島県生まれ群馬県育ち。
勉強することが大好きという変わった趣味の持ち主。