イベント実施中!

  • ・中学生「テスト前土日強制自習」
  • ・中1、中2生「毎週土曜日テスト」
  • ・中3受験生「毎日強制自習」
  • ・高3生「イン・アウト並走プログラム」

7の倍数の見分け方は?




先日、倍数の見分け方についての

記事を書きましたが

約分に役立つ!何で割れるか迷ったときにぜひ知っておきたい倍数の見分け方。

2018年11月4日
生徒
7の倍数はないんですか?

生徒からこんな質問を受けました。

2、3、4、5、6、8、9、10、12。

確かに「7」を説明してないですね(;´∀`)

ん〜実はちょっと複雑なんですよね。

7は。。。

では、3桁の数字の場合のみに使える見分け方を教えます。

① 百の位の数字を2倍する。

② ①の数字と下2桁の数字を足す。

これが7の倍数であれば、もとの3桁は7の倍数です。

試しにやってみましょう。

例えば「483」

① 4を2倍して8

② 8+83=91

91は7の倍数なので、483は7の倍数だとわかります。

ちなみに・・・

91が7の倍数かどうかを瞬時に見分けるには

この数字から70を引いた数が7の倍数になればOK。

91-70=21

21ならばすぐに7の倍数とわかりますね!

下のボタンを押して頂くと、塾長のモチベーションが6上がります(;´∀`)

 ▼  ▼  ▼  ▼ 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です