イベント実施中!

  • ・中学生「テスト前土日強制自習」
  • ・中1、中2生「毎週土曜日テスト」
  • ・中3受験生「毎日強制自習」
  • ・高3生「イン・アウト並走プログラム」

分数を小数に直すのに割り算ではなく掛け算を使う方法もある。




生徒
なんで掛け算をするんですか?割るんじゃないですか?

先日の北辰解説記事を見た生徒からこんな質問をうけました。

中2生用の北辰過去問を解いてみた。〜大問1〜

2019年1月28日

12/50。これを小数に直すのになぜ割り算ではなく、掛け算をするのか?といった質問でした。

非常にいい質問ですね。

というより細かいところまでよく見てるな〜と感心してしまいました(;´∀`)

さて、本来であれば12÷50、これを筆算して0.24と出すか

先に約分をして、6/25にしてから筆算をして0.24と出すか

どちらにしても割り算をして答えを出すのが普通かと思います。

でもあえてここは掛け算を使って暗算で出してしまいましょう。

12/50、50は2倍すれば100なので、分子の12も2倍して24/100にする。

こうすることで筆算を使わなくても一瞬で0.24と出すことができます。

時間も短縮され、計算ミスもなくなるのでおすすめの方法です(;´∀`)

下のボタンを押して頂くと、塾長のモチベーションが6上がります(;´∀`)

 ▼  ▼  ▼  ▼ 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です