イベント実施中!

  • ・中学生「テスト前土日強制自習」
  • ・中1、中2生「毎週土曜日テスト」
  • ・中3受験生「毎日強制自習」
  • ・高3生「イン・アウト並走プログラム」

直列と並列が混ざった回路の問題。(中2理科「電流」)




生徒からの質問シリーズ。

今回は「電流」

テスト勉強をしていた中2生からの質問です!

以下の回路図をみて1〜4の問いに答えよ。
  1. 全体の電圧
  2. 全体の抵抗
  3. ①の電圧
  4. ②の電流

直列と並列が混ざった回路の問題ですね。

混ざっていても考え方は一緒。

並列なら電圧は変わらない。

直列なら電流は変わらない。

この辺をしっかり覚えていれば解けると思います。

ではいってみましょう。

(1) ①は電流と抵抗がわかっているので計算で電圧が出せます。3.6V

(2) ①に2.0Aが流れているということは全体のアンペアも2.0A(直列では変わらないため)

(3) ①〜③までの抵抗がわかっているので全体の抵抗も計算で出せます。

和分の積の公式を使って、(2×3)÷(2+3)=1.2Ω

(4) (3)で全体の抵抗が出せたので全体の電圧もでます。6.0V

(5) 全体の電圧から①の電圧を引けば並列の電圧が出ます。2.4V(並列では電圧は同じなので②も③も同じ)

(6) 電圧・抵抗ともに判明したので計算で電流を出します。1.2A

とこんな感じで表を埋めてみましょう。

あとは必要なところを取り出せば1〜4の質問にすべて答えることができます!

下のボタンを押して頂くと、塾長のモチベーションが6上がります(;´∀`)

 ▼  ▼  ▼  ▼ 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です