「悩みがある」ってつまり・・・




友人から悩み相談を受けまして

といってもだいぶ前の話なんですが

将来についての悩み。

こうなりたい。

でも今の自分には

あれが、これが不足している。

それが悩みで・・・

たしかそんな話でした。

 

話を聞いていてこう思ったんですよね。

 

「もう解決してない?」

 

って。

 

自分で足りないものがわかっている。

じゃあそれを補うために

努力すればいいだけじゃない?

もはや「悩み」じゃなくて

それは「目標」ではないかと。

 

偉そうなこといいますけど

「悩みがある」といっているうちは

動いていない

行動に移していない証拠だと

私は思っています。

 

自分にそう言い聞かせて

今まで生きてきたもので。

 

「悩み」→「目標」

に切り替えたら

極論、「悩み」はなくなるのではないかと。

 

とあるブログを読んでいて

この話を思い出したので

書いてみました。

 

そういえば、この話

卒塾生にもよくするんですが

1人だけ過去にいましたよ。

 

最初は

ウンウンって頷きながら

聞いてくれて

「今のもう1回話してください!!」

ってノート取り出して

メモをしてくれた生徒が。

 

うれしかったですね。

 

元気にしてるかな〜

Sさん(;´∀`)

下のボタンを押して頂くと、塾長のモチベーションが6上がります(;´∀`)

 ▼  ▼  ▼  ▼ 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です