中学生

中3夏課題配布開始。今年は地獄。

2019年7月5日

天気を理由に自習に来ない生徒がいるからこそ「強制」にしたい。

2019年6月23日

次の北辰テスト(7月15日)は超大事。

2018年7月6日

テスト範囲はせめて1週間前には終わりにしてもらいたい。

2018年6月21日

定期テスト前「強制自習」うちも始めます。

2018年6月14日

ワークは1周ではただの「作業」。

2018年10月2日

「間に合わない」は計画性がない証拠?

2018年11月21日

テストで90点は褒めるのに、98点は褒めない理由(;´∀`)

2018年10月23日

テストまで残り5日。覚えるべき英単語137個。1日当たり28個では意味がない。

2018年10月7日

語彙のテストはこれを使います。

2019年6月22日

基礎はある程度じゃ困る。完璧にしてほしい。

2018年11月30日

私立高校入試には高校の範囲もでる。

2019年1月14日

受験日当日の心構え。

2019年1月17日

人間はゴールが近づくと気を緩める。だから100ではなく120%を目指す。

2019年1月26日

2年生の北辰テストは受けたほうがいいのか。

2019年2月6日

ワーク1回やって終わりは、何もやってないのと同じようなもの。

2019年2月17日

志望理由の丸暗記は危険。

2019年2月25日

北辰テストの見方。

2019年3月15日

もうすぐ北辰テスト。今回が初受験の生徒のための注意事項。

2019年6月11日

埼玉県で偏差値60以上の高校を目指すなら国・理・社は落とせないと感じた、その理由。

2018年3月26日

計算スピードが速い人は必ず○○をしていることが判明した。

2018年3月28日

記憶を定着させるためのカギは「時間」ではなく「回数」

2018年4月18日

生徒の語彙力不足をなんとかしないといけない!!

2018年5月24日

塾のトイレは毎日必ず掃除をするようにしています。

2018年5月30日

大丈夫。「疲れた」と言えるのは、まだ疲れていない証拠だから。

2018年6月17日

「目標」は見えるところではなく、嫌でも見てしまうところに!

2018年6月19日

「やる気がないから勉強できない」はおかしい?やる気を出す方法はずばりこれ。

2018年6月20日

中3受験生を対象とした夏合宿をやってみる。

2018年5月16日

本日は強制自習の日。

2018年6月24日

面接で緊張しないように私が実践していたこと。

2018年6月30日

中3受験生の強制自習制度、夏期講習期間中も導入します。

2018年7月24日

自習時間過去最長の生徒現る。

2018年7月23日

基礎演習プログラム始まりました!

2018年7月25日

あと10時間で夏合宿開始!

2018年8月10日

夏合宿初日終了。

2018年8月11日

合宿2日目(最終日)終了。

2018年8月12日

日帰り合宿を振り返って。

2018年8月15日

夏にやった勉強の成果が早速出た!

2018年9月6日

テスト2週間前にして5科ワーク終了!

2018年9月23日

中1・2生もそろそろ強制自習へ。

2018年9月25日

初の1・2・3年全学年で強制自習実施。

2018年9月28日

これが3日間のみんなの成果です。

2018年10月8日

わずか1週間で「大問1」を仕上げた生徒。

2018年10月20日

冬も「基礎演習」「日帰り合宿」を実施します。

2018年11月14日

自主的に自習に来る子が増えた気がします。

2018年11月20日

やっぱり見直しは必要。

2018年12月13日

基礎演習プログラムの詳細。

2018年12月19日

ほぼ毎日のように午前中に基礎演習をやる理由。

2018年12月25日

冬期講習日帰り合宿の詳細。

2018年12月26日

冬の日帰り合宿1日目。

2019年1月2日

冬の日帰り合宿2日目。

2019年1月3日

冬期講習無事終了。

2019年1月5日

明日は私立高校入試本番。

2019年1月21日

中1・中2北辰テスト復活!

2019年1月23日

公立高校入試まであと1週間。

2019年2月20日

公立高校合格発表当日。

2019年3月8日

下のボタンを押して頂くと、塾長のモチベーションが6上がります(;´∀`)

 ▼  ▼  ▼  ▼ 










コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

福島県生まれ群馬県育ち。
勉強することが大好きという変わった趣味の持ち主。