北辰テストが近いので過去問を解いてみた。(英語編)




生徒からの要望があったので数学に続き英語も解いてみた。

大問1はリスニングなので省略(;´∀`)

大問2 英文の完成

(1) 選択問題

「9月」を英語でなんというかがわかれば解ける。

(2) 選択問題

「夏」を英語でなんというかがわかれば解ける。

(3) 書き取り問題

左の日本語を参考にすると「いちばん大きい」を英語で書けばいいことがわかる。

ここで「中2の最後に習った比較級(最上級)」がすぐに浮かぶかがカギ。

biggestでもlargestでもいいが、bigの場合は”g”を重ねることを忘れずに。

ちなみに・・・
なぜ”g”を重ねるのか・・・に関しては、近いうちに別の記事で紹介します(;´∀`)
興味があれば見てください。

(4) 書き取り問題

土曜日が英語で書ければOK。

曜日、月はすべて書けるようにしておいてもらいたい。


(3)だけは文法問題だが、それ以外は単純な知識を問う問題。

もっとも簡単なパートなだけに、ここを落とすのは避けたいところ。

5分、できれば3分以内には終えてほしい。

大問3 会話文読解

まず最初にやってもらいたことは、英文の上にある日本語の説明を読むこと。

ここを読むことで、どんな会話なのかがある程度把握できる。

それをふまえた上で、だれが、どんな会話をしているのかをイメージしながら読むと理解しやすい。

今回は七夕のお話。

人によって長文の解き方は違うので、絶対これが正しいとはいえないが

私は、問題(設問)をざっとみてから本文を読む。

という流れをとる。

理由は・・・

  • 何についての内容なのかを把握するため
  • 本文を読みながら答えを考えるため

この2点。

ただ今回の文に関して言えば

問題文から内容は把握できず。。。(最初の日本語でわかっているのでよしとするが)


問1

Me, too!をいれる問題。

(初めに設問を見ている前提で)、どこにはいるのがふさわしいか考えながら本文を読むことで答えが出せる。

A:サッカーがあって作っている時間がないと答えているので、ここはふさわしくない。

B:会話の流れからあきらかにおかしい。

問2

下線あとの会話で日本語の先生の話題が出ているので、すでに見つけたということで過去形のfoundが正解。

もっとも1語といっている時点で未来形はないだろうから、現在でもない、未来でもない、じゃあ過去形と答えが出せるかも。

問3

ウとエがないのはわりとわかるかも。

残るはアかイだが、

問題は「ア」の意味を知っているかどうか。

知らないとイを選んでしまう可能性がある。

wayは「道」以外にも「方法」という意味があることは把握しておくべき。

問4

下線の前後を確認する。

願いはなに?→下線部→これから書く

この流れから、下線は「まだ書いていない」という文であることがわかる。

時期的に現在完了を習ったばかりのため(もしくは習っている段階)

すぐに”haven’t”, “yet”が浮かんでほしい。

( )の後ろが過去分詞形であることから、be動詞(受動態)、have(現在完了)のどちらかしかはいらない。

こんな解き方でもいいかと。

問5

これが書いてある文をまず探す。

文頭に”So”と書いてあるので、前の文が答えであるとわかる。

問6

“flight attendant”という単語を文章中から探す。

これがすみれの夢であることがわかる。

そうすれば自ずと、「すみれの夢はなんですか?」という英作をすればいいとわかるはず。

文章の意味がわからなくても、単語から判断できることもあるので諦めずに。


実は全文を読まなくても

問1から6まで、聞かれていることの前後だけも解ける。

大問4のためにもここはあまり時間をかけたくない。

できれば10分程度におさえたい。

大問4 長文読解

大問3同様、先に前文を読み、設問をみておく。

読みながら答えられる問題か、全部読む必要があるかを事前に考える。


問1

本文を読みながらで答えられる問題。ただ地味に難しいかもしれない。

andの前はきれいな文で終わっている。ということは後ろも文になるはず。

でも主語をいれると、動詞が入らない。

主語は前と同じであれば省略できるから、ここには動詞がはいる。

questionsをヒントにaskedを入れる。

問2

英文整序。本文を読みながらで答えられる問題。

4つしか選択肢がないものの、likeをどう使っていいかわからないときついかもしれない。

“look like”でセットとわかれば、答えられるはず。

問3

直前に答えそのもの文があるので、それほど時間もかけずに答えられるはず。

問4

空欄Bがある段落を最初から読めば、なんとなくでも入りそうな文は予想がつくと思う。

ただWhy don’t you〜という決まり文句をしらないとやや難しいと感じるかもしれない。

問5

Mr. Greenはどんなことをして助けてくれましたか?と問題文にあるので
まずはこの人が出てきた段落を見つける。

第3段落で彼は初登場しているので、そこから読む。

安易かもしれないが、”help”という単語を手がかりにするのもあり。

問6

まずはWorld Bonsai Conventionというワードを探す。

見つかったらそのあとで数字を探す。

27日から30日と書いてあるので、答えは4日間。

あとは英語3語でとあるので

for four daysとかければOK。

問7

7択の中から本文の内容と一致するものを2つ選ぶ。

ここは少し時間がかかる問題。

ア 3ヶ月前が間違い。正しくは1年前

イ 新しいスポーツが間違い。彼は9歳からバスケをやっている

ウ 正解のうちの1つ

エ マイクにあったのは家ではなくバスケのチーム

オ ヨシトに会う前から盆栽はやっているので誤り

カ もう1つの正解

キ 毎年ではなく4年に一度


大問3よりは明らかに時間がかかるはず。

それでも15分くらいで解いてほしい。

リスニングで約13分。

大問2で5分。3で10分。4で15分。

ここまでで43分。

残り7分あれば最後の英作文も大丈夫であろう。

大問5 英作文

埼玉特有の5行英作文。

1文目。

日本語があるので素直に英訳する。「火曜日」という単語がちゃんと書けるかがカギ。
あとはそれほど難しくない。

2文目。

three booksさえ書ければそれほど難しくない。

3文目。

英語3語で答える。

「女性」「見た」この2語が浮かべばかけるはず。

4文目。

彼女のためにドアを開けてあげた。

絵を見れば日本語は浮かぶはず。あとは英訳で失敗しないこと。

5文目。

ここはちょっと難しいかもしれない。

日本語は浮かんでも、英語にするのがきびしそう。

部分点はもらえるかもしれないので、空欄にはしないように。

下のボタンを押して頂くと、塾長のモチベーションが6上がります(;´∀`)

 ▼  ▼  ▼  ▼ 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です