北辰過去問勉強会終了。ということで解説を。




北辰の過去問勉強会終わりました。

時間の関係で英・数の

2教科しかできませんでしたが(;´∀`)

ということで恒例の過去問解説。

まずは数学。

大問1

(4) 有理化をしなくても6を√36にして、約分をしたほうがはやい。

(7) グラフの傾きという言葉からy=の形に等式変形して考える。

(8) よくみるタイプの角度問題。lとmに平行な補助線を2本引いて考える。

(10)

図形を切ったからといって、半分が完全になくなったわけではないのでエが正解とわかる。
立面図・平面図という言葉を忘れてしまっていても、最悪消去法で解ける(;´∀`)

(11)

問題の意味がわからず混乱するかも。
うちでもできなかった生徒が多数。

点線の中の式をヒントに、あとは数字を文字に置き換えて証明する。
イマイチ分かりづらい問題・・・(;´∀`)

(11)②以外は難しい問題がないので、すべて解けてほしい・・・

大問2

(1) メジアンが中央値(ヒントになる)であると問題文に書いてあるのでかなり易しめの問題。

(2) 線分BCの垂直二等分線を描き(点Dとする)、さらに線分DCの垂直二等分線を描けば点Pは求まる。

(3)

問題文からわかることを図に書き込んでいくとPの座標が(5, 3)とわかる。
あとはこれを反比例の式に代入してaの値を出す。
図形の問題は問題文から判明していることを書くことが大事!

(4) 

難問。まずは下記解答を。

赤字で書いたこの補助線が書けるかがポイント。

影のついた図の面積を出すには、補助線を引き
上の扇形と下の長方形の面積から
下の扇形と上の平行四辺形の面積を引けばでる。

扇形の中心角はわかっていないが、
どちらの扇形も同じ面積なので
結局長方形から平行四辺形の面積を引けばでる。

何度もいうが、難問。。。

(4)が難しい分、それ以外が易しいので
(1)〜(3)で得点を稼いでほしい。

下のボタンを押して頂くと、塾長のモチベーションが6上がります(;´∀`)

 ▼  ▼  ▼  ▼ 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です