明日の北辰のために。理科について検証してみる。




さっき理科(北辰)の話をしたので

せっかくだから

どんな大問構成になっているか説明してみる。

何度も北辰を受けている子は

さすがに知っててほしいけど。。。

全部で大問は5つ。

大問1は基礎的な問題が8問

1つ3点で全部で24点。

生物・物理・地学・化学

この4分野から2問ずつ出題される。

ここが全部出来ても24点なので

数学のように大問1取れて

偏差値50程度

とは流石にならない。

残りの大問は4つ。

もうみんなわかったよね?

生物・物理・地学・化学の分野から

それぞれ1題ずつ出るってこと。

ちなみに去年(H30)は・・・

  • 地層(中1地学)
  • 動物(中2生物)
  • 鉄と硫黄の反応(中2化学)
  • 浮力(中1物理)

が出ている。

ちゃんと4分野出てるでしょ?

配点はそれぞれ19点。

大問1と足して100点満点。

え?中3の内容は?って。

さっき書いたブログを見てね。

北辰のテスト範囲はちゃんと確認しようよ。

2019年7月13日

せっかくだから一昨年(H29)のデータも。

  • 天気(中2地学)
  • 植物(中1生物)
  • 状態変化(中1化学)
  • 電流(中2物理)

勢いでH28も。

  • 火山(中1地学)
  • 動物(中2生物)
  • 水溶液(中1化学)
  • 磁界(中2物理)

俺って太っ腹H27年。

  • 天気(中2地学)
  • 植物(中1生物)
  • エタノール実験(中1化学)
  • 電流(中2物理)

嘘でしょ。まだ過去問あるの?H26。。。

と思ったけど、テストの傾向がここから違うのでやめた。

ちなみにH24まで教室にはあるけど😅

なんかこう調べてみると

生物は植物・動物、交互に出てることがわかったり

地学もそうか。

中2と中1が交互に出てる。

物理はやたら電流関係が出ている印象だし。

あ〜かといって、

じゃあ次はこれか・・・

みたいな予想はやめてね。

別に私は予想屋じゃないので(;・∀・)

下のボタンを押して頂くと、塾長のモチベーションが6上がります(;´∀`)

 ▼  ▼  ▼  ▼ 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です