「やる気がないから勉強できない」はおかしい?やる気を出す方法はずばりこれ。




Aさん
センセ〜やる気がなくて勉強できないよ〜
塾長
それは、Aさんが何もしてないからだよ。
Aさん
え???どういうことですか???
塾長
やる気が出ないのは、勉強をしていないからだよ。
Aさん
ますますイミフです(-_-;)

少し難しい話をしますね。

人間の脳の中には「側坐核(そくざかく)」という部位があります。

ここに刺激を与えてあげることで、ドーパミンというやる気ホルモンが分泌され、
「やる気」が出るといわれています。

ではどうやって「刺激」を与えてあげればいいのでしょうか。

それはずばり「行動をおこすこと」です。

とりあえず始めてみれば、側坐核が刺激され「やる気」は出てきます。

逆に言えば

行動をおこさなければ、いつまでたっても「やる気」はおきないということですね。

やる気がないから勉強ができないのではなく

勉強をしないから(行動に移さないから)やる気が出ない

というのが正解です。

長時間勉強するのが厳しい場合は、まずは5分でも10分でも構いません。

とにかく、まずやってみる!これを心がけてください。

10分勉強して、10分休憩、こんなサイクルでも繰り返していれば

いずれ、集中してもう少し長い時間勉強できるようになりますから。

部屋の掃除とか、最初は面倒だな〜と思っていても、いざ始めてみると「やる気」になる。

そんな経験はありませんか??

補足
「やる気」の仕組みについてもっと詳しく知りたい場合は、「クレペリン」「作業興奮」などで検索してみてください。 

下のボタンを押して頂くと、塾長のモチベーションが6上がります(;´∀`)

 ▼  ▼  ▼  ▼ 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です