人間はゴールが近づくと気を緩める。だから100ではなく120%を目指す。




集められた10名ほどの小学生。

50m走のタイムを計る。

次に彼らに内緒で60mを走らせる。

そして50mでのタイムを計測。

結果ほとんどの子がタイムが速くなる。

いつだったか、こんな実験をしているテレビ番組を見たことがある。

人間はゴールが近づくと無意識に気を緩める。

それはこの実験からわかった。

私は勉強も同じだと思っている。

目標に近づくと気を緩め、ケアレスミスをする。

この「ケアレス」のせいで、行きたい高校、大学に行けなくなってしまうこともありうる。

だから生徒には100%ではなく120%を目指してもらいたい。

気を抜いたとしても100%は超えられるように。

下のボタンを押して頂くと、塾長のモチベーションが6上がります(;´∀`)

 ▼  ▼  ▼  ▼ 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です