お問い合わせはこちら

強制自習も進化させていかなければいけない。




おやつ問題

先週末、土日はテスト前恒例の強制自習の日でした。

13時30分から18時20分まで。

休み時間はあるものの、5時間弱と結構な長時間。

そのため、飲み物と軽食はOKとしていました。

軽食といっても私の中では、糖分摂取のためのアメやチョコなどを想定していたのですが・・・

やはりダメですね。きちんと伝えないと(;・∀・)

普通にお菓子を持ってくる生徒が何人かいました。。。

遠足ではないんだけれどな〜(;・∀・)

中には休憩時ではなく、食べながらの学習。

ちゃんと伝えなかった私も悪いんですけどね。

ということで今回はその辺もしっかりと伝え、勉強のためのオヤツ、あくまで糖分摂取のものに限るようにしました。

ひとまず「おやつ問題」はこれで解決です(;・∀・)

新たな問題?

休み時間のことです。

通常うちの塾では80分授業をし10分休憩の形をとっています。

ただこの強制自習は別です。

長時間であることから、そこまで集中力がもたないので50分で10分休憩としています。

10分休憩。

果たしてそんなに必要なのか。

疑問点はここです。

休憩ですから休んでもらう分には構わないのですが、スマホをいじったり、友達とおしゃべりをしたり…

※ もちろん学習時には不要なのでお預かりしております。

テスト直前期なんですから、もう少し緊張感を持って望んでもらいたいというのが正直なところです。

そんなことをしている余裕はないだろうと。

せっかく頭に入れた知識も、楽しいことで知識が上書きされてしまっては意味がない。

そういったことに費やすならば、10分もいらない。

そう思ったわけです。

強制自習もただやるだけでなく、生徒の様子を見ながら、よりよい形に進化させていかなければいけませんね。

じゅくちょう
ご質問は下のLINEからお気軽にどうぞ!
sheep
Instagramもあるよ

友だち追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

お問合わせ

塾長
いつでもお気軽にお問合わせください。
(平日の午後2時以降)
049-292-9258