お問い合わせはこちら

センター試験もこれで安心!はっきり『アー』と、こもった『アー』の発音を見分ける方法。




cardのようにはっきりと『アー』と発音する単語と

earlyのようにこもった音で『アー』と発音する単語

この見分け方をご紹介します。

綴りが『~ar』となっていればはっきり『アー』

『~ir, ur, er,or』となっていればこもった『アー』となります。

ようは『r』の前が『a』か『それ以外』で判断すればいいわけです。

結構簡単ですよね~

生徒
あれ?先生その説明おかしくないですか???

気づいた君はすばらしい!!!

最初に書いたearlyは『ar』なのに、こもった『アー』と説明しましたよね。

実はこの見分け方にもいくつか例外があります。

基本的に『~ar』であればはっきり『アー』でいいんですが

例外として『~ear』となっている単語の場合は、こもった『アー』の発音になります。

例えばearlyとか他にもheardなどがその例です。

ただし例外の例外として『heart』だけは『~ear』ですが、はっきり『アー』の発音になります。

ややこしいので、ちょっとまとめますね。

見分け方
  • ~ar + heart(例外) → はっきり「アー」
  • ~ir, ~ur, ~er, ~or, ~ear → こもった「アー」

実際に問題を解いてみましょう。

①〜④の中で下線の発音が異なるものを1つ選べ。

early ② learn ③ heard ④ heart

正解は④です。

簡単すぎましたかね^^;

じゅくちょう
ご質問は下のLINEからお気軽にどうぞ!
sheep
Instagramもあるよ

友だち追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

お問合わせ

塾長
いつでもお気軽にお問合わせください。
(平日の午後2時以降)
049-292-9258