お問い合わせはこちら

リーズニングは超重要!!




なんとなくで

英文法の問題を解いている生徒が

多いように感じます。

正解だったとしても

不正解だったとしても

本人がなぜかを理解していない。

これではいつまでたっても

できるようにはなりません。

正解にも不正解にも必ず理由はあるはずです。

例えば・・・

They (     ) listening to music now.

① is ② am ③ are ④ were

正解は③

理由は主語が複数であり、nowから現在進行形だと判断できるから。

①②④はすべて不正解。

主語が複数なので①②はダメ。

now(現在)があるから過去形である④もダメ。

こんな感じで

必ず理由付きで答えられるようにする必要があります。

この作業をリーズニングといいます。

少し英文のレベルを上げます。(高校レベル)

Mary was so tired she (     ) down and slept.

① laid ② lied ③ lain ④ lay

  1. 選択肢から自動詞他動詞の問題とわかる(英文はあえて読まない)
  2. ( )の直後を見る
  3. 名詞がきていないので( )には自動詞がはいるとわかる→①が消える
  4. ②は嘘をつくという動詞なので、この文に関係ない→削除
  5. ③は過去分詞形なのでこれも削除
  6. ④の自動詞lieの過去形layが正解

あえて細かく書きましたが、

この流れをいかにすばやくできるか。

これが大事です。

英語に限ったことではないですが

とにかくリーズニングは大切です。

正解で正解である理由

そして

不正解が不正解である理由

面倒だと思うかもしれませんが

常にこれらを意識して

勉強していってください!!

じゅくちょう
ご質問は下のLINEからお気軽にどうぞ!
sheep
Instagramもあるよ

友だち追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

お問合わせ

塾長
いつでもお気軽にお問合わせください。
(平日の午後2時以降)
049-292-9258