お問い合わせはこちら

単純暗記で解くと失敗してしまう文法問題②〜take it for granted〜




昨日この記事を書いていて

単純暗記で解くと失敗してしまう文法問題①-2

あ、そういえば!!

と思い出したものがあったので

今日はそれについて書こうと思います。

同じく、単純暗記で解くと間違う問題です。

Today cars are so much (   ) that we assume everyone has one.

① for granted ② granted ③ taken for granted ④ taken it for granted

さてこの問題、というより選択肢を見たときに

頭に浮かぶのはこれでしょう。

“take it for granted”

受験生であれば絶対に知っておかなければいけない決まり表現。

でも気をつけなく・・・

生徒
なーんだ。簡単じゃん。正解は④でしょ?

あ〜まだ話の途中なのに><

ちなみに④は不正解だよ(;´∀`)

もう1度言うね。

でも気をつけなくてはいけないのは

この文が受動態だってこと。

be動詞もあるし、takeはtakenになっているからね。

ということはtakenの直後に目的語のitがくるのはおかしいと気づかなければいけないよ。

生徒
え?なんで???

Someone stole my bag. 

My bag was stolen.

のように能動態のときの他動詞の目的語(my bag)は

受動態だと主語に変わるわけだから

動詞の後ろに目的語はもういない※はずでしょ。

※SVOOの文は除く。

だからitがそこにあるのはおかしいってこと。

生徒
主語に変わるってことは、”cars”がもともと目的語?

そう。

この熟語のもう1つ大事な点は

別にitである必要はないってこと。

目的語なんだから

別に代名詞(it)じゃなくて名詞だって問題ないでしょ。

生徒
なるほど。じゃあ答えは③だ

そういうこと。

自分の知っている熟語が出ると

嬉しくて

すぐに答えたくなっちゃうだろうけど

ちゃんと文をみてから考える癖をつけてね。

じゅくちょう
ご質問は下のLINEからお気軽にどうぞ!
sheep
Instagramもあるよ

友だち追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

お問合わせ

塾長
いつでもお気軽にお問合わせください。
(平日の午後2時以降)
049-292-9258