お問い合わせはこちら

英語のものの数え方は”other”を変身させればいいだけ。①




英語でものを数えるときにつかう表現。

  • the other
  • the others
  • another
  • others

なんかいっぱいあってよくわからん・・・

という生徒のためにこんな表を用意しました。

基本形はすべて「other」です。

あとはこれに「the」「an」「s」をつけて変身させればいいだけです。

  • 複数であれば最後に「s」をつける。
  • 1つなら頭に「an」をつける。
  • 最後の1つを含んで入れば「the」をつける。

覚えるルールはこれだけ。

上2つは中1知識ですから、実質覚えるのは1つでしょうか。

実際に問題をときながら説明していきましょう。

まずはこれ。●が2つある場合の数え方。

1つ目はone、2つ目(赤い●)をどう数えるか?です。

先程のルールを思い出してください。

最後の1つを含むときは「the」をつけるんでしたね。

よってこうなります。the other

続いてこれ。同じく赤い●の数え方です。

最後の1つを含むので「the」をつける。

複数あるので「s」をつける。

よってこうなります。the others

続いてこれ。

最後の1つを含まない。→「the」はつけない。

1つなので「an」をつける。

よってこうなります。another

anotherはもともとはanとotherがくっついたものなんですね。

最後にこれ。

最後の1つを含まない。

複数あるので「s」をつける。

よってこうなります。others

とにかく基本形は「other」

あとはルールにのっとって頭やお尻につけていけば

答えにたどり着けますので

それぞれを丸暗記する必要はないですね。

では最後に文法問題を1つ。

       

正解はどれでしょう。

なかには熟語として覚えてしまっている人もいるでしょうけど

ぜひ今日習った知識を使って解いてみてください。

ヒントは日本語訳。

コーヒーが好きな人もいれば、お茶が好きな人もいる。

正解はまた明日(;´∀`)

じゅくちょう
ご質問は下のLINEからお気軽にどうぞ!
sheep
Instagramもあるよ

友だち追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

お問合わせ

塾長
いつでもお気軽にお問合わせください。
(平日の午後2時以降)
049-292-9258