お問い合わせはこちら

“during”, “while”, “throughout”〜間・間・間〜 duringの後ろになぜ動名詞はこない?




“during”, “while”, “throughout”〜間・間・間〜の番外編?ということで

前回生徒から質問のあった

「duringの後ろになぜ動名詞はこないのか?」の説明をしていきたいと思います。

ちなみに今までの記事はこちらから。

“during”, “while”, “throughout”〜間・間・間〜 duringとwhileの違い①

“during”, “while”, “throughout”〜間・間・間〜 duringのwhileの違い②

前置詞の後ろに動名詞がくることは問題ないのにduringだけはなぜだめなんでしょう。

理由その① duringはそもそも前置詞ではなかった?

こんな言い方をすると語弊がありますが、duringはもともとdureという動詞なんです。

これにingがついた現在分詞形が前置詞となった、と考えてください。

「動詞の現在分詞形+動名詞」に違和感があるためduringの後ろには動名詞がこないとされています。

動詞ing+動詞ingは変ですからね(;´∀`)

理由その② 動名詞にする必要性がそもそもない。

While staying in London, I visited my friend.

このstayingを動名詞と考えては?という質問でした。

しかし、stayには動詞だけでなく名詞として「滞在」という意味もあります。

名詞があるのに、わざわざ動名詞に変える必要がない。

これも理由の1つとされています。

動詞の名詞形がないからこそ、動名詞があるわけですからね(;´∀`)

じゅくちょう
ご質問は下のLINEからお気軽にどうぞ!
sheep
Instagramもあるよ

友だち追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

お問合わせ

塾長
いつでもお気軽にお問合わせください。
(平日の午後2時以降)
049-292-9258