お問い合わせはこちら

円すいの側面積を出すのに必要な扇型の中心角をたったの3秒で出す裏技。




半径4センチ、母線8センチの円すいの側面積を出しなさい。

中1数学で最後のほうに習う問題だね。

側面積を出すってことはつまり扇型の面積を出せばいいので

公式は

半径×半径×π×(中心角/360)

まず最初に中心角を求めないとだね。

中心角を出すには、扇型の弧の長さ=底面の円の円周をつかって
8×2×π×(x/360)=4×2×π
16π×(x/360)=8π
x/360=1/2
x=180

中心角は180度。

あとはさっきの公式に当てはめて
8×8×π×(180/360)
=32π

32π。
これが答え。

普通にやってもこのように答えはでるんだけど、角度を問題を出す計算が苦手な子が多いんだよね。

だから今日はあっという間に、たったの3秒で角度を出せる裏技を教えます!

裏ワザ公式は

裏技公式

半径÷母線(半径/母線)

これだけ。

この問題だと半径が4で母線が8だから
4/8=1/2つまり180度ってこと。

ほら、3秒で解けたでしょ!

ん〜実に簡単だ!!

じゅくちょう
ご質問は下のLINEからお気軽にどうぞ!
sheep
Instagramもあるよ

友だち追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です