お問い合わせはこちら

数学の点数をもっともっと上げるために。ゲームに例えてみた。




ゲームの話。

目の前に敵が現れる。

お、こいつは何度か戦ったことのある相手だ。

名前も知っている。

どんな武器を使えばいいかもわかる。

倒し方を知っている。

間違いなく今の自分で倒せる。

戦う前にそれがわかる。

 

数学も一緒。

知っている問題であれば解ける。

 

見た瞬間に

必要な武器をすでに装備していれば

解ける。

 

もしくは多少時間がかかったとしても

その武器をアイテムとして所持していれば倒せる。

 

ひどいのは

家に置き忘れてくること。

やったような気がする

でも思い出せない。

手元に武器がない状態。

だから倒せない。

どうしよう。どうしようと考えている間に

敵にやられる。

 

もっとひどいのは

そもそもその武器をもっていない。

だから倒せない。

これは論外である。

 

初めましての敵でも

倒せるひらめきがあればいい。

でもそれは難しい。

だから人工的なひらめきを作る。

 

初めましてをなくせばいい。

そうなるようたくさんの敵を見る。

いろんな問題を解く。

しかも何回も何回も

できるようになるまで。

 

圧倒的に数が足りない。

演習量が足りていない。

だから倒せない。

 

敵をたくさん倒せば

レベルもあがる

倒せる敵も増える。

 

数字が違うくらいで

全くの別問題だなんて

思わなくなる。

所詮色違いの敵だ。

さっきのやつと変わらない。

 

ゲームを攻略したかったら

クリアしたかったら

たくさんの敵を倒せ。

 

裏技みたいなものはない。

近道なんて存在しないのだから。

じゅくちょう
ご質問は下のLINEからお気軽にどうぞ!
sheep
Instagramもあるよ

友だち追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

お問合わせ

塾長
いつでもお気軽にお問合わせください。
(平日の午後2時以降)
049-292-9258