ワークの回数とテストの点は比例する。




今回は前置き抜きで。

 

ワークの回数。

つまりテスト前に何周やったか

これと

テストの点数。

やっぱり比例しますね。

ある程度は・・・

 

回数多い子は

点数も高い。

 

もっと細かく言うなら

早くから始めた子。

 

点数よかった子

みんなそうでしたので。

 

ワーク

1週間前までには

1周目終わらせてね〜

 

このアナウンスを出した時点で

すでに終わってましたから。

 

なんならこの時点で2周目、3周目が

終わっている子もいましたし(;・∀・)

 

3周はしたよ!

でも伸びないよ!

 

ん〜

なんでしょう。

 

色々原因はあります。

 

回数不足の問題。

 

回数が足りないから。

当然3周やれば絶対OK!

というわけではないので。。。

足りなければ4とか5とか

やる必要も出てきますね。

 

前にもここで言いましたね。

学年1位だった子が

8周やっていたと・・・

 

違いますね。

8周もやっていたから

1位になれたんですね(;・∀・)

 

完成度の問題。

 

3周した時点で

本当にワークは完璧になったのか。

 

3周目は2周目で間違えた問題だけでOK!

といってあります。

 

つまりここまでちゃんとやれば

少なくともワークは完璧になるはず。

わからない問題はなくなるはずです。

 

3周目ですべてノーミスになれば・・・

の話ですが。

だめならもう1周するしかない。

 

返ってきた解答みると

間違ってるんですよね。

ワークの問題。

ってことは完璧ではないんです。

 

たまにこんな問題ワークになかった!

という生徒いますけど

数字が違うだけ

聞き方が違うだけで

同じじゃない

と言い張るのはどうかと。。。

 

ちゃんと理解していれば

数字が変わったくらいで

解けないなんてことはないですから。

 

意識の問題。

 

これ大事ですよね。

 

いい点数取りたい!

成績良くしたい!

 

本当にそう思って勉強しているのか。

 

なかには誰のために

勉強しているんだろう・・・

って生徒もいます。

 

親に怒られるから勉強する?

 

え?マジでそんなこと思ってるの?

と疑いたくなります。

 

親のために勉強しているの?

君は・・・と。

 

自分のためでしょ。

 

 

あ〜〜〜

ごめんなさい。

つい思っていることが

文字に出てしまいました・・・

 

長くなりすぎたのでこの辺で。

下のボタンを押して頂くと、塾長のモチベーションが6上がります(;´∀`)

 ▼  ▼  ▼  ▼ 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です